本文へスキップ

秋田県立雄勝高等学校

TEL.0183-52-4355

〒019-0112 秋田県湯沢市下院内字小白岩197-2

校長あいさつ

秋田県立雄勝高等学校長 山脇 聡

雄勝高校ホームページにようこそおいでくださいました。
本校は中等教育機関がなく、まだ交通網も未整備であった旧雄勝町地域に、地域や世界を支える人材育成のため高等学校教育を地元で施したいという旧雄勝町地域の強い要望に応えて、昭和53年(1978年)に秋田県の最南端である旧雄勝町下院内 (現湯沢市)に設立された学校であります。その情熱は校歌「原始の岩をうがち 水は雄勝野を流れ文化の華はここにひらく」の一説から読み解くとができます。まさに高等学校は地域の「文化拠点」との先人の英知を感じます。
 また、校訓『自啓自発』は、「教育や学問は自ら志し、それに対してはほとばしるほどの情熱をもたなくてはならない」という孔子の教えを原典にしています。この『自啓自発』の精神の下、「仁 徳 義 礼」に基づいた生徒指導や自主的活動を通して「自尊感情」を高める教育活動に力を入れ、地元湯沢雄勝を支える人材育成に力を注いでおります。
 具体的には、自己犠牲の精神を発揮し社会に貢献する意義を体得するため、多数の生徒が年間を通して「おしら様の枝垂れ桜観桜会」「小町まつり」「雄勝大花火大会」「雪祭り」等の地域行事に積極的に参加しています。また、学習面においても学校設定教科「地域」を設け、地域理解に努めております。これらの成果は生徒たちの「心の美しさ」として現れています。
 
 さて、本年10月13日(土)には創立40周年記念式典並びに記念講演会を行います。40年という時の移ろいの中で、超高齢化超少子化の現象が全国一の早さでこの地に押し寄せ、卒業生3,934名を輩出した本校は、平成32年度に、秋田県立湯沢翔北高等学校雄勝校となります。しかし、「文化拠点」「地域連携の拠点」としての「学び舎」はその設立の精神を受け継いだまま「地域校」として存続いたします。どうか、今後とも本校に対するひとかたならぬお力添えをよろしくお願いいたします。

 結びに、中学生の皆さん、本校の地元愛に満ちた歴史を理解し、ここで学ぶことの意義深さを感じてください。新たな伝統を築くのは皆さんです。学校見学等いつでもご相談ください。本校教職員が在校生に注いでいる情熱をもって、皆さんに丁寧に教育内容等を説明いたします。
 最後までご覧いただきありがとうございました。 
                             (平成30年4月)


shop info.店舗情報

秋田県立雄勝高等学校

〒019-0112
秋田県湯沢市下院内字小白岩197-2
TEL.0183-52-4355
FAX.0183-52-4356